経済學部

2020.12 取材

ずっと疑問に思っていた、世界の経済格差。
亜細亜大學で自由に學び、行動できたことで、
この30年、カンボジアの復興期をともに歩むことができました。

ずっと疑問に思っていた、世界の経済格差。
亜細亜大學で自由に學び、行動できたことで、
この30年、カンボジアの復興期を
ともに歩むことができました。

株式會社クラタペッパー創業者

倉田浩伸

経済學部 経済學科 1994年度卒業

高校生の頃から先進國と発展途上國の経済格差に関心を持っていた倉田さんは、大學2年の後期、1990年の10月にアメリカへ留學します。留學中に灣岸戦爭が勃発。戦爭當事國に身を置くことで「日本人として世界にどう貢獻していくのか」という課題を深く考える機會を得ました。その後、當時の學長が設立した國際貢獻団體JIRACに參加し、內戦終了直後のカンボジアへ。それから約30年。紆余曲折を経て、カンボジアの幻の胡椒を復活させた「クラタペッパー」の創業者としてカンボジアと日本でのビジネスを展開しながら未來のカンボジアを擔う世代の育成に攜わる倉田さんに、自身の原點を振り返ってもらいました。

経済學部 経済學科を
選んだワケ

理系が得意だったのですが、一方で社會學にも興味がありました。私の強い関心は「南北の経済格差」。この格差をどう解決していけるのかを學びたくて、人々の行動を數値化して社會を分析する経済學部に注目しました。またアジアについて深く學べる環境であること、そして英語のカリキュラムが豊富で海外留學(AUAP)できるということも亜細亜大學の大きな魅力でした。

倉田さんの亜大ハイライト

  1. 日本という恵まれた國に生まれた自分を自覚した思春期
  2. 「経済格差」への問題意識から経済學部へ
  3. アメリカのウェスタンワシントン大學へ。留學中に灣岸戦爭が勃発
  4. 內戦終了直後のカンボジアへ
  5. カンボジアでの就職を模索
  6. カンボジアで起業。絶滅寸前の「胡椒」との出會い

日本という恵まれた國に生まれた
自分を自覚した思春期

日本という恵まれた國に生まれた
自分を自覚した思春期

What experiences helped you to grow?01

小學生の頃から政治や社會に関心を持っていた倉田さん。そんな彼の人生に強く影響を與えたのは、中學3年生の時に交通事故で4歳違いのお兄さんを失ったことでした。「人生は一度しかない」現実を目の當たりにし、非日常に自分を投じる決意をした倉田さんは、ご両親に頼みこんでオーストラリアでの語學研修に參加し、ファームステイも體験。その帰路で、生涯忘れられない光景を目にしました。

「帰りの飛行機が香港経由だったのですが、そこで水上生活者の姿や九龍城砦*のスラム街を見て、ものすごくショックを受けました。両親に反抗ばかりしていたけれど、日本という國で何不自由なく育ててくれて、自分はなんと恵まれているんだろうと……自然と涙がばーっと出てきて『ありがとう』という気持ちになったんです」

*九龍城砦:香港の九龍城跡地に無秩序に建てられた高層ビルを中心としたスラム街。

「経済格差」への問題意識から
経済學部

「経済格差」への問題意識から
経済學部

What experiences helped you to grow?02

語學研修から半年後に観た一本の映畫、『キリング?フィールド』。アメリカ人ジャーナリストの実話をもとに內戦時のカンボジアを舞臺にした映畫です。この映畫も、倉田さんの生き方を大きく変えることになりました。

「実話に基づいた映畫だということにまず驚きました。そこからカンボジアという國に強く関心を持つようになったんです。なぜ戦爭になったのか。劣悪な環境に暮らさざるを得ない虐げられた人々が決起すれば、それまで虐げていた人たちを排除しようとするのは必然です。格差が爭いを生むのだということに気づきました」

カンボジアへの関心をきっかけに、倉田さんは世界が抱える経済格差に強い問題意識を持つように。これが亜細亜大學への入學動機とつながっていきます。

入學後、1年次に履修した「倫理學」の授業で『戦爭の是非』をテーマに學び、平和を理想論で片付けず、実現していきたいと強く思うようになります。

アメリカのウェスタンワシントン大學へ。
留學中に灣岸戦爭が勃発

アメリカのウェスタンワシントン大學へ。
留學中に灣岸戦爭が勃発

What experiences helped you to grow?03

2年生の10月、アメリカのウェスタンワシントン大學への留學(AUAP)を果たした倉田さん。留學は翌年2月までの5ヶ月間でしたが、その最中、突如として灣岸戦爭*が勃発します。緊迫感が高まるアメリカ國內の様子を、倉田さんはよく記憶していました。

「召集の可能性があるアメリカ人のルームメイトから『日本人はお金を出すだけで人的貢獻をしていない』と言われたんです。その言葉が忘れられなくて……私は日本人として、必ず人的貢獻をしてみせる、とその時に決意したんです」

その言葉通り、アメリカから帰國後には紛爭や自然災害による被災地?被災者への救援活動を行う國際貢獻団體JIRAC(日本國際救援行動委員會)*に參加し、4年次の8月にはいよいよカンボジアへと赴くことになります。

*1990年8月2日、イラクによるクウェート侵攻をきっかけに、アメリカを中心とした多國籍軍がクウェートからイラクを撤退させるために起こした國際紛爭。
*JIRAC(日本國際救援行動委員會):直接的な國際人道支援を行うことを目的に、1991年に設立された団體。

內戦終了直後のカンボジアへ

內戦終了直後のカンボジアへ

What experiences helped you to grow?04

1992年當時、カンボジアは前年のパリ和平協定*調印でようやく內戦を終え、復興の日々を送っていました。到著後は難民の帰還プロジェクトのスタッフとして働くことになっていたのですが……。

*パリ和平協定:1991年10月、カンボジア和平について參加19ヵ國により調印された。

「現地入り早々にお腹をこわしてしまって。身體は丈夫なつもりだったのに、まずそこで挫折を味わいました。加えて最初に配屬された給食センターでは、その衛生狀態が受け入れられず、體調を崩して配置換えに。次に回された事務仕事では古いタイプライターを使いこなすことができず、またもや挫折してしまったんです。大學4年間でいろんな職種をアルバイトで経験してきて、どんなことでもできる自信があったのに、見事にそれを打ち砕かれました」

挫折に次ぐ、挫折の中、倉田さんは「自分は日本という社會に生かされてきただけで、自らの力で“生きる”ことをしてこなかった」現実に愕然としました。

カンボジアでの就職を模索

カンボジアでの就職を模索

What experiences helped you to grow?05

自分ができることは何か。何かしらをやり遂げたいという思いを募らせる倉田さん。次に任された業務では、日本から船で送られてきた救援物資の通関手続きのサポートにあたりました。

ここでは現地のスタッフとの日常的な交流がスムーズな業務遂行に欠かせないことを學んでいきます。日頃からのコミュニケーションが信頼関係を築くことに気がついたのです。

倉田さんは少しずつカンボジアの現地に溶け込んでいき、この國の人たちの生き方に魅せられていきます。

「電気もガスも水道もなくても、苦にすることなくみんな幸せそうに楽しく生きてるんですよ。生活の知恵をたくさん持っていて、みんな助け合って生きている。戦爭のためにそうせざるを得なかったのかもしれません。しかし、そんなカンボジアの人たちの生きる強さに感動しました」

一方で、「一度も學校に行ったことがない」という同じ歳の男性と難民キャンプで出會い、心底驚いたという倉田さん。當時、カンボジアでは內戦のために學校に通うことができなかった人が多く存在していました。大學で教職課程をとっていた倉田さんにとって「教育」の重要性は自明のことでした。ちょうど學校建設に著手し始めたJIRACの活動に合流したことで、一生をかけてカンボジアの復興に攜わる決意を固めることになります。活動を継続するために倉田さんは現地での就職先を探しますが、思うような就職先が見つからず、ついには自分で起業することに。それはなんと卒業前のタイミングでした。

カンボジアで起業。
絶滅寸前の「胡椒」との出會い

カンボジアで起業。
絶滅寸前の「胡椒」との出會い

What experiences helped you to grow?06

まず手始めに、カンボジアの農産物を日本に輸出することを考えた倉田さん。日本では目にしない美味しい果物を探して、店頭を巡りながら店主からの口利きで産地を訪ねるなど地道なリサーチを積み重ねました。そのなかで唯一、輸出可能となったドリアンを空輸で日本に運んだのですが、強烈な匂いのせいで航空會社から早々に「ドリアン禁止」の厳命を受けてしまいます。さらにココナッツの輸出にも失敗し、途方に暮れていた時、思いがけず母親方の親戚からある資料を預かります。それは內戦前のカンボジアの農業に関する資料でした。そこに「胡椒」の記述を発見したのです。

「実は、その親戚はカンボジアとの事業を內戦前に行っていたそうなんです。そんなことは初耳でびっくりしましたが、その貴重な資料がとても役に立ちました。資料によって、かつてカンボジアが世界有數の胡椒の産地であったことを知り、胡椒なら乾物なので輸出も容易ではないかとひらめいたのです」

在來種の胡椒を生産する地域を訪ね歩き、胡椒の原木を3本と伝統農法で栽培できる地域を発見した倉田さん。ついに胡椒販売でカンボジアと世界をつなげる「クラタペッパー」を開業しました。以降、伝統農法を踏襲し、自然環境を壊さない方法で胡椒の生産を行っています。

とはいえ胡椒の輸出も最初は苦戦の連続でした。売上は伸びず、現地で採用したスタッフとの信頼関係も築けず四苦八苦の日々を過ごす倉田さんに再び転機が訪れます。秋篠宮ご夫妻のカンボジア訪問の際に、秋篠宮殿下と直接言葉を交わす機會に恵まれ、農業に関心のあった殿下から「手土産に胡椒がほしい」とのリクエストを受けたのです。

「そのお言葉を受けて、胡椒を輸出するだけでなく、カンボジアを訪れた観光客にお土産として販売することを思いついたんです。絵心のある妻が胡椒のパッケージをお土産用に一新し、さらに売上が向上。やっと事業が軌道に乗るようになりました」

現在、胡椒ビールの開発など、さらなる商品開発に邁進する倉田さんですが、コロナ禍の影響で久しぶりに日本に長く滯在しています。今の日本に感じることを最後に聞いてみました。

「こんなに豊かな國なのに、なんでこんな貧しい生活を多くの人が強いられているんだろう、と率直に思います。お金に縛られてしまうと、豊かな気持ちにはなれない。カンボジアの人たちはお金はないかもしれないけれど、気持ちは豊かだと感じます。お金は人間がつくった道具に過ぎなくて、お金に使われてちゃいけない。

お金は天下のまわりもの。お金がなくても生きられる生き方を見つけましょう。そのためには都市に集中するのではなく、地方を再生しながら地方で生きるということを、もっとみんなが考える必要があるかもしれません。変えなくてはいけないことが、山盛りだと感じています」

Q今後の目標を教えてください。

私は胡椒ビジネスをやっていますが、それは本當の意味で「カンボジアを救いたい」という思いから。胡椒産業が國づくりを支え、これから先もずっと続いていけるようにしていきたいと思っています。日本ではこれまでもカンボジアで経験してきたことやSDGsについて講演でお話してきましたが、今後も未來を擔う若い世代に向けて、自分が経験してきたことを伝えていきたいと思います。

Q受験生へのメッセージを
お願いします。

自分の好きなことをやりましょう。嫌いなことをイヤイヤやるから続かないのであって、好きなことなら苦しくても続けることができます。私はたくさんのことに挑戦してきた中で、好きなことを見つけ出しました。あとは自分の良心に従って、好きなことに好きなだけ、とことん取り組んでください。

草蜢社区在线观看免费下载