國際関係學部

copy

2021.01 取材

大學で多様な考え方を持つ多くの友人に出會ったことが、
自分の視野を広げるきっかけとなりました。
留學先での貴重な経験は、今でも競技活動の礎となっています。

大學で多様な考え方を持つ
多くの友人に出會ったことが、
自分の視野を広げるきっかけとなりました。
留學先での貴重な経験は、
今でも競技活動の礎となっています。

キヤノンマーケティングジャパン株式會社

秦由加子

國際関係學部 國際関係學科 2003年度卒業

パラアスリートとして、注目を集める秦由加子さん。彼女のこれまでの軌跡は起伏に満ちています。3歳で水泳を始め10歳までスイミングクラブに通っていた秦さんは、活発な少女時代を過ごしていましたが、13歳のときに骨肉腫を発癥し、右足の大腿部を切斷。その後、國際関係學部に入學し、念願だったアメリカ留學(AUAP)にも行きますが、青春時代は一度も運動することはありませんでした。その後、26歳のときに思い立って水泳を再開。會社員として働きながら大會への出場を重ね、2年で日本身體障がい者水泳連盟の強化指定選手となり、めきめきと頭角を現します。トライアスロンへの転向を機に、リオデジャネイロ2016パラリンピックに初出場を果たし、日本選手最高位となる6位の成績を殘しました。現在は東京2020パラリンピックを見據え、キヤノンマーケティングジャパン?マーズフラッグ?ブリヂストンに所屬し競技中心の生活を送る秦さんに、大學生活のことを振り返りながら、自身の活動について語っていただきました。

國際関係學部 國際関係學科を
選んだワケ

2001年當時はまだ、留學を必修のプログラムとしている大學は多くありませんでした。在學中に必ず留學したいと思っていたので、アメリカ留學(AUAP)が必修科目だった國際関係學科を目指しました。

秦さんの亜大ハイライト

  1. 旅先のアメリカで解放感を味わい、憧れを抱く
  2. 留學に向けた日々がスタート!
  3. 念願のアメリカ留學(AUAP)へ。サンディエゴでホームステイも経験
  4. とにかく楽しかった就職活動。障がいがあっても生き生きと働ける企業へ
  5. 水泳に再トライしたことでアスリート人生が開花。トライアスロンに取り組む日々
  6. パラリンピアンとして

copy

旅先のアメリカで
解放感を味わい、憧れを抱く

旅先のアメリカで
解放感を味わい、憧れを抱く

What experiences helped you to grow?01

中學1年生の時に病気が原因で右足を切斷せざるを得なかった秦さんは、自分の障がいを受け止めきれず、できるだけ足が不自由であることを悟られたくないという思いを抱えながら窮屈な日々を送っていました。その様子を見た秦さんの両親は彼女を海外旅行に連れ出します。行き先はアメリカ。それが彼女の転機となりました。

「アメリカでは周りの人たちの私に向ける眼差しが溫かいと感じたんです。気軽に『何か困ってることはない?』と聲をかけてくれたり、バスに乗ろうとしたら席を譲ってくれたり……自然な気遣いが印象的でした。障がいを隠さずに生活できる風土とその解放感に感動しました」

次第に秦さんは、アメリカで生活をしてみたいと思うように。そこで彼女はアメリカ留學(AUAP)が必修科目となる亜細亜大學の國際関係學科への進學を志望し、入學を果たします。

copy

留學に向けた日々がスタート!

留學に向けた日々がスタート!

What experiences helped you to grow?02

1年生の授業で特に記憶に殘っているのは、毎日朝一番に行われる必修科目の「フレッシュマン?イングリッシュ」です。通學が片道2時間かかる秦さんにとっては少しハードな1年でしたが、習慣的にネイティブ教員から実踐的な英會話の指導を受けられたことは、英語運用能力のブラッシュアップになりました。秦さんは「自分からいろんな価値観を吸収しようと飛び込んでいける行動力のある友人たちと一緒に學べたことも私に良い影響を與えてくれた」と當時を振り返ります。

アメリカへの留學(AUAP)は1年生の後期?9月からの5ヶ月間。彼女はワシントン州東部チーニー市にあるイースタンワシントン大學に通うことになりました。

念願のアメリカ留學(AUAP)へ。
サンディエゴでホームステイも経験

念願のアメリカ留學(AUAP)へ。
サンディエゴでホームステイも経験

What experiences helped you to grow?03

イースタンワシントン大學には學科の友人も多數參加し、とにかく「楽しいことしかない」留學生活だったといいます。実はその留學生活の中で、彼女自身が変わる大きなきっかけがあったのだと教えてくれました。

「留學仲間と高校時代の修學旅行の話をしていたとき、私が不參加の理由とした『みんなと一緒にお風呂に入ることができない』という言葉に友人のひとりが『なんで?』と率直に聞いてきたんです。『みんなの前で著替えたりできないから』と答えたら、「私たちは気にしていないよ」と一言、言ってくれたんです。當時の私にとってはその一言がものすごく大きくて……救われましたね。コンプレックスというのは自分が生みだしているのだということに気づかされました」

休暇中には、サンディエゴで3週間のホームステイも體験。そのホストファミリーはこれまでも留學生を受け入れてきたそうなのですが、障がいを持つ人を迎えるのは初めての経験だったとか。そこで、彼女は印象深い出來事に遭遇しました。

「そのホストファミリーには8歳と6歳の兄弟がいたのですが、私を見た瞬間に一目散に駆け寄ってきて『かっこいい!』と義足に釘付けになりました。そして、ちょっと目を離したすきに義足を持ってばーっと逃げ出して、ふたりで遊んでいたんです(笑)。衝撃的でしたね。こうやって子どもたちが障がいについて自然に接するのはいいなと思いましたし、両親も『あなたはスペシャルだ。自分たちも勉強になる。來てくれてありがとう』と言ってくれました。私自身がつくっていた壁を向こうからどんどん壊してくれて嬉しかったです」

copy

とにかく楽しかった就職活動。
障害があっても生き生きと働ける企業へ

とにかく楽しかった就職活動。
障害があっても生き生きと働ける企業へ

What experiences helped you to grow?04

留學前はアメリカでの就職を思い描いていた彼女ですが、留學経験を経て、あらためて日本で暮らすことの良さを感じるようになっていきます。

「明確な自己主張を必要とするアメリカ社會に身を置いたことで、たとえ言葉に出さなくても相手を慮る日本文化が自分には合っていると感じたんです」

大學3年生の秋、秦さんは日本での就職に舵を切り就活をスタートさせます。観光業界や住宅業界など、興味のある業界を積極的に見て回った秦さんにとって就職活動は楽しいものだったそうです。

「企業の面接で積極的に質問して社員の方と話ができるのは有意義でした。パンフレット上ではどの企業も理想的に見えますが、実情を聞き、いろいろな大人が、そして會社があるのだなと視野が広がりました」

そのなかで最終的に彼女が就職先として選んだのは、キヤノンマーケティングジャパン(株)でした。

「大學のキャリアセンターで紹介してもらったOBの方と大學でお會いして、職場や業務のことだけでなく、會社の障がい者雇用への理解についても話を聞きました。その方も足が不自由な方だったのですが、生き生きと働かれている様子が伝わってきて、この會社に就職をしたいと思いました」

卒業後、彼女は順調に社會人生活をスタートさせます。

copy

水泳に再トライしたことで
アスリート人生が開花。
トライアスロンに取り組む日々

水泳に再トライしたことで
アスリート人生が開花。
トライアスロンに取り組む日々

What experiences helped you to grow?05

入社後、配屬先で自身の業務をこなし充実した社會人生活を送っていた秦さんの生活は、水泳を再開したことで劇的な変化を遂げていきます。

26歳のとき、地元の障がい者水泳チームへの參加募集を偶然発見し、団體を立ち上げた男性に會いに行きます。

「その方が私と同じ障がいを抱えながらも意欲的に活動されている姿を目の當たりにして刺激を受けました。チームメイトたちもバイタリティにあふれていて、こんな風に生きていきたいと思える、お手本となるような方々ばかりでした」

copy

チームの一員として國內の障がい者水泳大會で実績を重ね、より速いタイムを狙うようになった秦さん。競技選手としての活動を視野に入れ、指導者となるコーチの下でマンツーマンによる練習もスタートさせました。

「早朝練習から出勤、就業後はプールに直行して練習再開、という本格的なアスリート生活が始まりました。努力の甲斐あって2010年には日本強化指定選手となり、2年後に開催されるロンドン2012パラリンピックを目指していました。殘念ながら大會への出場は葉いませんでしたが、コーチから『他人と同じことをやっているうちは勝てない』と叩き込まれたことは本當にありがたい経験でした」

秦さんにさらなる転機が訪れます。早朝練習に通っていたスイミングスクールで一緒に泳いでいたトライアスリートたちから「トライアスロン」への転向を誘われたのです。のちに秦さんの目指す指標ともなる、同じ片大腿切斷のアメリカ出身のサラ?レイナートセン選手の存在を知り、トライアスロンへの転向を決意します。

パラリンピアンとして

パラリンピアンとして

What experiences helped you to grow?06

幸運にも次の大會となるリオデジャネイロ2016パラリンピックは、パラトライアスロンが正式種目に認定された大會でもありました。まずはラン用義足を付けて走ることからスタートした秦さん。最初は5kmも走れず足が血だらけになったそうですが、だんだんと踏ん張ることができるようになり、徐々に走る筋肉をつけていきます。そして見事、秦さんは大腿切斷の日本人選手として初出場を果たし、6位入賞の成績を収めました。

鉄人レースとも表現されるトライアスロンは、一般的に辛いスポーツという印象が強いかもしれません。しかし秦さんは「広大な自然の中を駆け巡ることのできるスポーツで、しかも同時に3種目も楽しめる競技なんです。さらに言うと障がい者も健常者も同じ大會に出場し、同じコースで一緒に競うことができるのも魅力ですね」とトライアスロンへの思いを熱く語ってくれました。

勤務する會社からも功績を認められ、今では全面的にアスリートとしての活動もバックアップしてもらえることになった秦さん。會社が全社を挙げて壯行會を開催したり、現地スタッフがレースの応援に駆けつけてくれることもあるそうです。「同僚の溫かい支援は本當にありがたくて。スポーツにしても仕事にしても自己完結できるものはないのだと実感しました」。

copy

最後にさまざまな事に挑戦し全力で自らの道を築いてきた秦さんに、後輩に向けて伝えたいことを聞いてみました。

「人生は自分次第でいつでも変えられる、ということです。周りを変えることはできなくても、自分自身は考え方次第で変えることができるんです。これに気づかせてくれたのは、私とは異なる尺度で物事を捉え生きている人たちとのたくさんの出會いでした。いろんな人と出會い、いろんなことにチャレンジして、自分を磨いていってください」

秦さんは今、東京2020パラリンピックへの出場を見據え、練習に勵む日々を送っています。

copy

Q今後の目標を教えてください。

2021年3月現在、東京2020パラリンピックに向けて、今は自分にできることをコツコツと、日々練習することに集中しています。悔いなく2021年のこの時期を過ごし、生涯にわたってトライアスロンに取り組んでいきたいと思っています。

Q受験生へのメッセージを
お願いします。

トライアスロン大會は世界各地で行われます。全世界から選手が集まるなかで物怖じせずに過ごすことができるのは學生時代の留學経験があってのものです。亜細亜大學は海外からの留學生も多く、幅広い分野をグローバルな視點で學べる環境が整っています。「世界は広い」ということを學びつつ、自分がやりたいと思うことに全力で挑戦する學生生活を過ごしてください。

草蜢社区在线观看免费下载